読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新卒経験の上にも3年

よく聞きますね、「新卒は3年耐えろ」説。

ぼくは入りたてのピチピチ新人なのですが、

3年後、5年後の自らの姿が見えないし、先行きに対する不安感が

半端じゃあないわけですわ。

そんな不安感につけ込む(といったら言い方が悪いのだけれど)

「とりあえず3年間頑張ってみようか」

の言葉。

ああ、無知は罪であるなあ…

この言葉に新卒連中の思考は停止するわけです。

「なにがなんでも3年間やれば圧倒的成長!!」

自己実現をそこで担保してもらってるわけではないんだけどね。

 

言葉の裏に隠れた意味を理解する必要がある。

「3年は面倒見てあげるよ、その後は知らないけど(ハナホジ-)。」

 

さっきも書いたけど3年後も自分がそこで働いている姿が見えないなら、

ちょっと頭を働かせたほうがいいのかもしれないね。

 

ああ、無知は罪であるなあ…(再考)