読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「立つ鳥跡を濁さず」

退職しました。

 

 

新卒で入った会社を、1年も経たずに辞めた。

平日に時間を気にせずに起きることができる優越感と、

これからの生活費を気にする不安感とで、

なんだか複雑な心境である。

 

ともあれ、本ブログで幾度と無く

「辞めたい」「辞めたい」

と言っていた企業を辞めたことに後悔はないし、

退職したことにスッとしていることは確かだ。

 

退職するときの自分の心境の変化は、こんな感じだった。

 

ただ、ぼくの周りの人々の心の動きは

そう穏やかなものではなかったようで、

「なぜ」

「どうして」

「いま」

「なにを」

「どう、これからのことを考えて」

”辞めるのか?”

という感想を聞くこととなった。

 

このような感想を聞いて、なんとなく頭に思い浮かんだのは、

ヨルムンガンドという漫画での、アメリカから、「日本唯一のスパイマスター」と

呼ばれているキャラのこういう一言だった。

『「立つ鳥跡を濁さず」~(中略)~ない話だよな。飛んでいった鳥は、周りにいた者の心に、混乱を残す』

 

あぁ、確かにそうなのだな、と思った。

組織は水たまりなのだ、と。

鳥が水面を立つとき、空に飛び立つ際の動きで、水面に波紋を残す。

波紋は水面をゆっくりと広がり、

案外、収まるのには時間がかかるものだ。

 

さて、退職にあたり、新職場も決定した。

年明けから、そちらで働き始めることとなるのだが、

とっても楽しみだ。