読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新卒が数ヶ月で辞めるということ

会社に入社して数ヶ月、もう辞めたがっている。

 

衝動的に辞めても、2ヶ月後東京の路地裏で野垂れ死んでるのが目に見えてる。

つまりは、辞めたときに自分にかかるデメリットが感覚的にわかってるのだ。

じゃあ、新卒でちゃっちゃと辞めたときのメリット・デメリットをまとめてみよう。

 

◆メリット

 ・ストレスフリー。考えずに日々を過ごすことができる。

  最高だ。クソみたいな生活からの脱却。社会的なクソにはなるかもだろうが、

  そんなもんは知ったことか、あとのことは誰かに任せてずらかろう。

 

 ・全てが自分の時間。

  何やろうが自由だ。いつ起きてもいいし、いつ寝てもいい。

  朝昼夕兼用の飯だろうが、友人と酒呑んだくれようが、好きにできる。

  趣味に没頭しようか、旅にでようか、逆に時間をどう使うのか、迷いそうだ。

 

◆デメリット

 ・社会的な立場は圧倒的に悪くなる(その人の感覚によるが)

  ぼくの場合、転職市場での価値は全くない。

  確かに、同期の中で成約数は多いほうかもしれないが、やっている仕事は

  会社が細かいところまでお膳立てしてくれた定量的な仕事だ。

  社会人として、広告マンとして、まだ全く働けていない、というわけだ。

  そんな無価値な人間が再就活なんてしても、とってくれる企業なんて、ない。

  (というのがぼくの印象だ。)

 

 ・収入ゼロで、生きていく

  家賃、光熱費、食費、年金、携帯代、交際費、10月くらいには奨学金の返済。

  賄わないといけない。

  おそらく、一番頭を悩ませることになるだろう。

 

以上だ。

 

うーん、メリットだけをみたら魅力的だ。ものすごく魅力的だ。

単なるニートでしかないが、やはりニートは勝ち組だったのだ。

ジークニート!!ビバ!ニート!!!

 

…ただ、勝ち組ニートは、”お金があれば”成り立つものだ。

おおっと、ニートにも勝ち組、負け組があったのか。

とにかく、先の目処がつく金額を用意できていない以上、

ブルジョアニートなんてできるはずもないのだ。

おおお、またあらたなニートが出てきたぞ。

 

大学のころ、あんなに働きたがって、

バリバリに稼ぎたいとか思ってた自分は死んだらしい。

 

さて、もうちょっとだけ、死んだ目で頑張ってみようかァー!!(CV:大塚明夫さん)